2019年10月から消費税は10%に増税します。

2019年10月から消費税は10%に増税

個人飲食店・法人飲食店の区別なく2019年10月には消費税が8%から10%に増税となりますね。
ニュースや新聞で報道されているので知らない方はいらっしゃらないと思います。

 

飲食店でも時に注意しなければならないのは消費税の増税を価格に転嫁できるかというところ。
中にはメニューが税込みで表記されているがために今更増税できないとおっしゃる経営者の方もおります。

 

しかしながら、そのタイミングで価格を改定できなければ単純に10%▲8%=2%の利益減という事になります。
消費税が今後もさらに増加したらその度に利益が薄くなりますよ。

 

しかもほとんどの取引先は消費税増税のタイミングで値上げしてくるでしょうから、純粋な利益はこれよりもさらに少なくなるでしょう。

 

5%から8%になった時にも多くの飲食店が廃業しました。
またここでの消費税増税が経営者を苦しめるのは目に見えています。

 

消費税は本来消費者から預かって代わりに納税する仕組みですから値上げ理由は妥当だと考えます。

 

こちらでは飲食店の消費税に関する記事を集めておりますので参考になさってくださいね。


飲食店の消費税節税対策記事一覧

このページでは飲食店の消費税の納税義務についてお話していきます。2019年10月から消費税も10%に増税とされています。飲食店経営において消費税の増税というのはメニューの値段を変更するかどうか?だったり、材料の仕入値も上がるので痛い悩みですよね?消費税を納税しなければならない方にとっては税額も上がるので更に痛い。ただ、そもそも納税義務がない人にとっては消費税は納めることはありません。そうすると消費...

当サイトの下記の記事でご説明しているように消費税は基本的に基準期間の売上高が1,000万円を超えない限り納税する事はありません。飲食店経営の消費税節税の前にそもそも納税が必要?問題は個人飲食店で売上高が1,000万円を超えるようになってきた時です。実はここで法人(会社)を作るとまた消費税が2年間免除されるんですね。この法人を作る事がいわゆる法人成りなのです。

外国人観光客の増加に伴い免税となる取引が増える事業者の数も増えています。特に都市部に行くと「免税店」という看板を多く見るのでは無いでしょうか。そういうのを見ていると「自分のお店も免税事業者になった方が良いのか?」などと考えることがあるかもしれません。こちらでは免税事業者になる要件と、そもそも消費税の免税とは何なのか?を考えてみましょう。

当サイトでは色々な消費税の課税についてお話しています。個人飲食店経営者が節税の前に知っておきたい税金まとめ消費税は2019年の10月から10%に増税になりますね特に飲食店経営者には軽減税率やインボイスなどと本当に大きな影響がこれから起こるようになります。ですから消費税についての知識は持っておくに越したことはありません。こちらのページでも消費税の課税方法について重要なものを2つほどご紹介いたします。...

トップへ戻る