法人個人共通の飲食店節税方法記事一覧

節税方法というと色々な方法があります。そして、いざお金を使っての節税策を用いようとすると、中には損をするものも少なくありません。そこで管理人が一番におすすめしたいのが中小企業倒産防止共済(経営セーフティ共済)です。節税策を行っている法人のほとんどがこの制度を利用しています。実際のところ管理人のクライアント先で黒字の法人飲食店であれば100%この制度を利用しています。おすすめする一番の理由が何と言っ...

通常、「節税」と言いますと経費を増やした結果として、利益が少なくなって税金が安くなるという流れですね。そして経費を増やすためにはキャッシュアウトを伴うものがほとんどです。しかし、中にはお金を使わなくても節税できる方法もあるのです。て違法ではなく合法であり認められた方法ばかりですのでご安心ください。こちらのページでは飲食店経営における節税方法でキャッシュアウトを伴わなくてもできる方法をお伝えします。

今回は飲食店の内装工事における節税策についてです。通常、内装工事と言いますと数百万円~数千万円かかりますよね。この内装工事ですが、通常であれば固定資産に分類されるため一度に経費にはできません。もし全額を計上していたら、経理処理的に間違えているので注意して下さいね。ただ、すべてを固定資産にせず、一部を経費で計上する方法もあります。それでは内装工事で節税する方法を詳しく見てみましょう。

飲食店経営をしていてもなかなかお客さんが来ない、むしろ来客がゼロの日がある。昔はかなり売れていた人気のあった料理の注文が減ってしまった。近くにできた同業他社の店を比べるとかなり繁盛度が違う。もうこんな日々に疲れてしまった。リタイヤしたい。店じまいしてしまいたい…。このような考えになっている経営者もいらっしゃる事でしょう。実際に店の経営がうまくいっていない状態でもそこから改善するか?それとももう完全...

飲食店を経営するには実店舗が必要になりますよね。店舗だけでなく内装や設備、什器の支出というのもかなり費用がかさみます。あなたのお店ではそういった時に購入していますか?それともレンタルやリース契約ですか?ただ何となくで契約していらっしゃる方は注意した方が良いですよ?こちらでは資産の購入とリースなどのその他の購入方法について節税の観点からはモチロンですが、資金繰りの観点からも見ていきます。

トップへ戻る