今からでも開業と同時にでも青色申告の承認申請書は提出すべし

飲食店の個人事業主の青色申告

飲食店を営む個人事業主さんなら確定申告はしているけれども
色々な理由から青色申告はまだしていない。
という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今や青色申告はメリットばかりですから
それは本当にもったいない事です。

 

このページでは個人事業主の青色申告について解説いたします。


青色申告だと税務調査が来るから白色申告の方が良い?

納税者の方の中には『青色申告をしていると税務署が調べに来る。「税務調査」の対象になっていしまうのでしていない』という方もいらっしゃいます。

 

これは結論から申し上げますとまったくのでたらめです。

 

税理士である管理人から言わせますと
白色だろうと青色だろうと税務調査に入られる事はあります。

 

それに毎年の無料相談会に行くと分かりますが、税務署も青色申告を推奨しています。

 

むしろ青色申告でない白色申告を行っていますと、
税務調査が生じた時に推計課税という方法を実行されてしまう事もあります。

推計課税とは税務署が売上や規模から税額を予測して納税者に課税する(払わせる)という非常に怖い方法です。

青色申告で作成する帳簿は簿記の知識がないとら無理?

青色申告を行うと一番の恩恵として10万円もしくは65万円の特別控除が受けられます。

 

事業所得=収入(売上)▲経費▲青色申告特別控除

青色申告を行うだけで数十万円の控除が受けられると思うと、かなりのメリットだというのは分かるでしょう。

 

そして、その65万円控除を受けるには複式簿記で帳簿を付けなければいけません。

 

 

とはいえ、複式簿記なんて今までやったことないしエクセルで集計するのが手一杯。

税理士でもないんだからそんなの無理でしょ。

こんな風に

 

↑こんな風におっしゃる方がいます。
ですが、今や白色申告でも帳簿は付けるのが義務になっています。

 

何より現在ではあらゆる種類の会計ソフトが販売されています。
会計ソフトを使えば自ずと複式簿記になるのです。

 

特に簿記にアレルギーのある方は「freee」という
クラウド会計ソフトを使うと経理が楽だと周囲では評判です。

 

ある程度までは無料でお試しできるので試してみると良いですよ!


個人事業でも経営の観点で事業が見られる

さらに複式簿記で経理をする事のメリットとしては会計ソフトであれば、複式簿記さえ行っていれば自ずと貸借対照表損益計算書が作成されます。

 

経営書類が作成されるワケですね。
事業を行う上では個人事業であっても法人と同じように本来は経営を行っているのですから、そういった事業の成績資料は必要でしょう。

 

  • 貸借対照表(B/S)…12月31日時点での事業の資産と負債→事業としての価値がどうかを表す。ストックとも言います。
  • 損益計算書(P/L)…1月1日から12月31日まででの期間における事業の成績を表す。フローとも言います。

こういった事が分かるのであれば複式簿記を行った方が有益だと思いませんか?

青色申告をする控除額以外の節税メリットは?

青色申告を行うと10万円もしくは65万円が控除できる以外にも多くのメリットがあります。

  1. 純損失の繰越控除で赤字を3年間繰越す事が可能→一年目は赤字が多い
  2. 30万円未満の資産は一発で経費にできる→白色申告だと強制的に減価償却
  3. 取引先の倒産などに備えて引当金を計上できる→白色はできない
  4. 配偶者などの事業専従者に対して自由に給与を出せる→白色は控除86万円まで

これらを駆使するだけでも相当な経費計上が可能となります。
もし開業時に青色か白色かで迷ったのならば必ず青色申告を選びましょう。

 

そして出していない方は青色申告にしましょう。

実際に青色申告を行う場合の手続きは?

青色申告にしようと思ってもすぐにできるわけではなく
青色申告承認申請書を税務署に提出しなければいけません。

 

青色申告承認申請書は国税庁の下記のリンクから
ダウンロード可能です。

 

青色申告承認申請書

 

【提出期限について】
青色申告承認申請書の期限は下記のようになっています。

  • 青色申告をしようとする年の3月15日まで
  • 1月16日以後事業開始した場合にはその事業開始等の日から2月以内

承認申請書のを税務署に提出しに行ってもチェックされる事は少ないです。
適用の年度を間違えてしまい、1年損をしたという方も実際に見ています。

 

どうか日付や年度は間違えないように注意して下さいね。

 

青色申告承認申請書は開業届と同時に出す方も多いです。
また、白色申告から変える場合には確定申告書と同時に出される方も多いですね。

 

出し方は今は税務署に直接提出でも良いですが、電子申告や郵送でも受け付けています。
あなたの都合の良い方法を選んでいただければと思います。

 

もしも青色申告を行って、その後にやはり面倒だからという場合には白色申告に戻す事も可能ではあります。「所得税の青色申告の取りやめ届出書」を税務署に出すだけなので、とりあえずでも青色申告に挑戦してみては?

青色申告の帳簿の付け方で困った時は?

実際に青色申告を始めては見たものの、自分ではどうしようもないという時には取りやめの届出を出す方法も一つです。
しかし、つらつらと書いてきたように本来は青色申告はメリットだらけなのです。

 

個人の確定申告には色々とアドバイスをもらう方法があるというのを知っておいてください。
最初は教えを乞う事になっても、自分で確定申告できる方が自社の状態がよく分かりますからね。

 

具体的に確定申告や経理の方法を指導したりしてもらうには下記のような方法があります。

  1. 税務署に聞く
  2. 商工会に聞く
  3. 会計ソフトのサポートに聞く
  4. 税理士に聞く

基本的には下に行くほど料金が上がると思っていただいた方が良いでしょう。
税務署などで聞くのは無料ではありますが、まず節税に関する方法は教えてくれないですからね。

 

税金関係は情報を知らないだけで損をしている事が多いので、自身で調べるほど税金の支払いも少なるというのが分かる事でしょう。

 

どうかあなたも当サイトもうまく利用して知識をつけてくださいね!
飲食店の節税方法まとめ

トップへ戻る