将来のためにiDeCo(イデコ)に加入して年金を作りましょう

iDeCo(イデコ)は個人飲食店経営者の将来に備えて節税も可能

あなたはiDeCo(イデコ)をご存知でしょうか?iDeCoとは正式名称は個人型確定拠出年金の事です。
簡単にいえば通常の国民年金や厚生年金とは別に、自分で作る年金の事です。

 

政府もiDeCoの導入について奨励しています。 これは暗に将来的には今の年金制度が成り立つかどうか不明であることの裏返しとも言えます。だから自分で年金をうまく作っておいてねと。

 

実際にすでに国民年金だけの支払いでは到底優雅に暮らしていくのは無理な話というのが実情です。
自分が元気に働いているうちに将来のために年金を作っておきませんか?


iDeCoの掛金は全額が所得控除になります

iDeCoは国内に住む20歳~60歳未満の方であれば基本的にどなたでも加入が可能です。
ですから、あなたが個人事業主であっても問題なく加入できます。

 

iDeCoは仕組みとしては掛金(5,000円~68,000円)を毎月支払い、年齢が60歳以降になったときにいざ年金にプラスして支払われる仕組みになっています。

 

そして、このiDeCoの良いところは、その掛金全額が所得控除となるという事です。

 

これは当サイトで紹介している小規模企業共済と同じ扱いですね。
関連ページ:個人飲食店経営は小規模企業共済で税金が大きく減ります

 

そしてiDeCoと小規模企業共済は同時に加入する事もできますので、これらを併用すれば年間で170万円近い控除が可能です。
仮に所得税率が20%だった場合には年間の所得税だけでも30万円以上低くなります。これに住民税を併せると50万円ぐらい異なります。

 

であれば単に納税するよりも年金として積み立てておいた方が良いと思いませんか?

iDeCoの運用は投資的な側面があります

iDeCoは国民年金や厚生年金とやや異なるのは、単に掛金を支払っておけば将来的に年金が払われるものではありません。自分が支払った掛金をどのように運用するかの配分を決定し、その運用結果により将来もらえる金額が決定されます。

 

あまりハイリスクハイリターンを望みすぎると元本割れの危険もあります。となると怖くなってくるかもしれませんね。しかし、中には「元本確保型商品」というような堅い商品もあります。そちらで運用するようにすれば将来的にもらえる金額が掛金と同じぐらいには保てるかもしれません。

 

ただ、そうであっても現在の税金を節税できると考えればトクする事になりますね。

 

iDeCoを集中的に集めたサイトも多くありますし、証券会社で加入すれば詳しいパンフレットも送られてきますので加入を検討してみて下さいね。

iDeCoに加入すると60歳までは掛金を引き出せない

iDeCoの加入でもう一つ注意しておきたいのですが、 一度iDeCoを始めてしまうと60歳までは引き出す事はできません。個人飲食店だと、時に資金繰りに困ってしまう場合もあるでしょう。

 

ただし、ご安心ください。そういった時には年1回iDeCoの掛金を変更する事ができますから、掛金を変更して0円にするという手続きができます。引き出す事はできなくても掛金の変更は可能であるという事は覚えておいていただければ。

 

それを考えますと、節税策の優先順位としてのファーストチョイスは小規模企業共済、次にiDeCoというのがセオリーだと言えるでしょう。

まとめ

以上が自身で作る年金であるiDeCo(イデコ)についてのご紹介となります。

 

どうしても個人で節税というと選択肢が限られてきます。であればまずは将来的に意味のある節税策から行っていく事を管理人もおススメしています。
交際費でたくさんの接待を行ったり、意味のないモノを購入するよりもiDeCoへの加入は相当意味があると言えますから。

 

どうか加入を検討してみて下さいね。

トップへ戻る