個人飲食店の節税方法記事一覧

飲食店を経営しだしたら納付すべき税金についてよく知っておかなくてはなりません。税金について理解している事で売上を上手く利益に繋げていくことが可能になるからです。利益を出し続けるためにも税金について理解し、効率よく節税をしていきましょう。そこでこのページでは飲食店経営者が押さえておくべき税金の情報をまとめました。

節税策は何も経費を使用するだけではありません。個人事業主であれば「小規模企業共済」という制度に加入する事ができます。小規模企業共済は簡単にいえば個人事業主の退職金制度です。個人事業主だと将来的に不安がありませんか?いざ自分が事業をやめて店を閉める時に退職金がなくて大丈夫なのか…。個人事業主だと国民年金の方がほとんですから将来の年金も少ないですし。という事で用意されているのが小規模企業共済制度です。

飲食店を営む個人事業主さんなら確定申告はしているけれども色々な理由から青色申告はまだしていない。という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?今や青色申告はメリットばかりですからそれは本当にもったいない事です。このページでは個人事業主の青色申告について解説いたします。

もしあなたが個人飲食店経営を店舗兼住宅で経営しているなら家事関連費について知っておくことは節税のためには欠かせません。家事関連費とはプライベートとビジネスが混在するものであり、実際にビジネス上必要な事を明らかにできれば経費にできる支出です。お店と自宅が一緒だと経費として計上して良いのかの線引きは難しいですよね。実は家事関連費の中には経費として合法的に計上できるものが多くあります。賢く節税をしていく...

あなたはiDeCo(イデコ)をご存知でしょうか?iDeCoとは正式名称は個人型確定拠出年金の事です。簡単にいえば通常の国民年金や厚生年金とは別に、自分で作る年金の事です。政府もiDeCoの導入について奨励しています。 これは暗に将来的には今の年金制度が成り立つかどうか不明であることの裏返しとも言えます。だから自分で年金をうまく作っておいてねと。実際にすでに国民年金だけの支払いでは到底優雅に暮らして...

トップへ戻る