法人飲食店の節税方法記事一覧

飲食店を営む法人であれば設立登記とともに税務署への届出は出しているでしょう。ただ、中には「青色申告」にしていない法人もいらっしゃるのではないでしょうか?もしくは既に青色申告を摘要している法人でも経営者はそのメリットを認識していらっしゃいますか?このページでは法人の青色申告について解説いたします。どうかそのメリットを最大限使えるようにしていいただければと思います。

法人飲食店の経営者はどのようにして節税を行うことができるのでしょうか?端的に節税を行うためには経費をできるだけ多く計上し事業の所得(もうけ)を減らすことがポイントです。所得が減ればそれに対する法人税も減るからですね。さらには利用できる税額控除なども賢く使うことも大切ですね。このページでは実際に法人飲食店の経営者が知っておきたい基本的な節税方法をいくつかご紹介いたします。

こちらでは社宅を用いた節税方法をご紹介します。社宅と聞くと「上場企業とか規模の大きいところじゃないと縁がない話」と思っていませんか?実はこの社宅を用いた節税方法は、オーナー会社である法人こそ効力を発揮します。むしろ近年の上場企業では社宅自体が減少していますしからね。社宅はあなたのイメージする通り役員や社員の住宅を会社が契約して家賃を支払うというものです。ではなぜ社宅が節税になるのかを詳しくご紹介し...

飲食店の場合、仕入れた食材の運搬などでも自動車は使用するのではないでしょうか?また、そういった資材運搬用だけでなく営業用でも自動車を使用していませんか?ここではそういった自動車をうまく利用して節税する方法をご紹介いたします。そもそもですが自動車というのはこういった事が原則となります。いきなり全額が経費にはならず耐用年数で減価償却される購入して実際に使いだした日から経費計上される名義が法人でなければ...

飲食店経営において節税をして税金を減らすことはとても重要ですね。資金を残してさらに事業に投資して経営を楽にする。しかし、法人飲食店経営は特に税務調査に狙われやすいところでもあります。今でこそ法律が改正されて少なくなりましたが、ある日突然店舗に税務署の調査員が押し入る事も昔は多かったのです。飲食店は現金取引のところも多いですから、事前に税務調査の連絡をして現金が隠されてしまうのを防ぐためと言われてい...

ここではある種飲食店事業の究極的な方法としてではありますが、自社の飲食店を売却するという方法をご紹介します。最初は飲食店を個人から始めてから法人になって、その次のステージとして完全に経営者側に回る方もいらっしゃいます。そういった流れもこれまたその方の人生としてアリでしょう。そういった飲食店にまつわる売買の場合にまず抑えておきたいのは、飲食店の売買としては2通りが考えられます。自社の飲食店事業や自社...

トップへ戻る