飲食店開業に必要な手続きまとめ

飲食店開業に必要な手続きまとめ

飲食店開業においてはいくつかの資格が必要だったり、保健所に対して営業許可の手続きを行うことになります。
初めての飲食店開業だとわかりにくい部分も多いため、しっかりと把握しておきましょう。

ここでは飲食店に必要な資格をはじめ、保健所での営業許可の手続きの内容について詳しく見ていきます。

スムーズに開業するためにも、何をしなければいけないのかを知っておくことが大切です。

 

食品衛生責任者の資格

まず必要な資格としては、食品衛生責任者がもっとも重要な資格になるでしょう。

この資格は飲食店では店舗につき1人、必ず必要になります。

 

1人の人が復数の店舗で兼任することはできませんので、店舗の数だけ食品衛生責任者も必要になる仕組みです。
逆に店舗につき1人いれば良いので、たとえばお店を一軒オープンするというなら、自分が食品衛生責任者の資格を取得しておけば足りるということです。

 

その後2店舗目をオープンさせるようなことがあれば、そこで新たな食品衛生責任者を募集すれば良いわけです。

 

もし自分が別なお店の食品衛生責任者になっていて、独立に合わせて新しいお店をオープンさせるという場合は、これまでのお店の食品衛生責任者は退任しなければなりません。

 

あくまでも1つの店舗でしか食品衛生責任者にはなれないということを覚えておきましょう。

 

食品衛生責任者の資格を取得する方法ですが、一般的には衛生協会が行っている講習を受けることになります。

 

講習の時間は合計6時間で、通常は1日もしくは2日で終わります。
この講習を受けることで食品衛生責任者になれます。

 

また、すでに調理師や栄養士の資格を持っている場合は、新たに講習を受けなくても食品衛生責任者になれます。
もし調理師か栄養士の資格を持っているなら、講習を受けずにすぐに食品衛生責任者の資格も取得できるわけです。

 

防火管理者について

必要になるかもしれない資格として、防火管理者もあります。
これはお店の収容人数が30人以上になる場合に必要な資格です。

 

お店の規模を考え、30人以上を収容できるならこちらの資格も取得しましょう。
延床面積が300平米異常の場合は、甲種防火管理者が必要で、300平米未満なら乙種防火管理者が必要となります。

 

こちらの資格は消防署が行っている講習を受けることになり、やはり1日もしくは2人で講習は終わります。
ある程度の規模の飲食店を開業するなら、食品衛生責任者とともに取得しておきましょう。

 

次に営業に必要な許可

飲食店開業ではまず保健所の許可が必要になります。

一般的な飲食店では飲食店営業許可が必要で、保健所に対して飲食店営業許可申請書や、営業設備の概要を記した書類、お店の平面図、見取り図、登記事項証明書、水質検査成績書などを提出します。

 

これらの書類が揃っていないと許可が下りませんので注意しましょう。
あらかじめ必要な書類を考え、すべて揃った状態で保健所に提出します。

 

ちなみに今回は飲食店営業許可を申請するという形で紹介しましたが、飲食店の形態によって必要な許可はさまざまです。

たとえば喫茶店を開業するなら喫茶店営業許可が必要になりますし、アイスクリームを販売するお店ならアイスクリーム類製造業の許可が必要になる場合もあります。

 

同じ飲食店でもどんな形態なのかや、販売する商品の種類によって必要な許可が変わるのです。
飲食店に関する許可の数は非常に多く、いったいどの許可を取れば良いのかわからなくなることも珍しくありません。

できればまずは保健所に行き、こういうお店を開業する予定だと伝え、どんな許可を取れば良いのか確認しておきましょう。

30種類以上の許可があるので、自分で判断するのは難しいですし、勝手に判断すると間違っていたなんてこともあります。

 

許可に関しては保健所に相談しながら手続きを進めていくのが無難でしょう。
保健所以外にも、消防署に防火対象物使用開始届を提出したり、税務署に開業届を提出したり、警察署に深夜酒類提供飲食店営業開始届を提出したりする必要があります。

 

深夜酒類提供飲食店営業開始届に関しては、夜12時以降もお酒を提供するお店の場合で、そうでないなら不要です。
従業員を雇うなら労働基準監督署に労災保険の加入手続きが必要ですし、同時に公共職業安定所に雇用保険の加入手続きもしなければいけません。

 

資格以上に数が多いのが必要な手続きですので、1つ1つを順番に確実に済ませていきましょう。
開業前は何かと忙しいですが、手続きに不備があれば開業が遅れてしまいます。

 

手続きがいろいろ必要

飲食店開業では資格の取得や各種手続きが求められます。

主に保健所や消防署、警察署に対して手続きする形ですので、わからないことや不安なことがあれば、それぞれの組織に相談してみましょう。

必要な手続きやその流れについて詳しく説明してくれます。

 

必要な資格を取得し、すべての手続きを完了させて初めてお店をオープンできます。
必ず済ませないといけない作業ですので、忘れないように余裕を持って準備をしましょう。


トップへ戻る