失敗しない飲食店のパターンから学ぶこと

飲食店開業で失敗しない

飲食店は日本全国で多くの数が誕生し、そして閉店していきます。
つまり新規開業する飲食店が多いと同時に、潰れる店も非常に多いのです。

飲食店経営で失敗しないためにはどうすれば良いのか、過去の失敗のパターンから対策を考えてみましょう。

失敗例を見れば、自然と潰れないためのポイントが見えてきます。

 

顧客のニーズに応える

飲食店はサービス業ですから、顧客のニーズに応えられなければいけません。
味が美味しいのはもちろん、サービスが魅力的だとか、店内がおしゃれで居心地が良いとか、なんらかの人気を集めなければ長く経営するのは難しくなります。

 

こうやって見るとサービスとして当たり前だと感じる方が多いと思うのですが、実際に実現できる飲食店は多くありません。
というのも、多くの飲食店では顧客が何を望んでいるかよりも、自分が何をしたいかを優先させてしまうからです。

 

たとえば自分がラーメンが好きだからラーメン屋を始めようとか、こういった所にこだわったお店を始めたいとか、こうした考え方です。

もちろん飲食店を始める動機として自分の理想を描くことは間違ってはいませんが、同時にそれでお客が集まるのかを考えないといけません。

 

自分が満足するだけではお店がうまくいくとは限らないのです。

 

マーケティングが非常に重要になるとも言えます。

お店を立てる場所ではどんなお店が人気になりそうなのかや、メイン層となるターゲットを決め、その層に受けるにはどんなメニューやサービスを提供するのか、このあたりをしっかりと考えましょう。

あくまでもお客の目線に立って経営しなければ、飲食店を長続きさせるのは難しくなります。

 

初期費用

次に、飲食店を始めるにはまとまった資金が必要になります。
お店の規模などによっても必要となる初期資金はバラバラですが、いずれにしても大金が必要になるのは間違いありません。

お店となる建物を購入、もしくは借り、内装を整えて設備を導入し、広告を打ち人を雇うといった感じで、なにかとお金がかかります。

 

小規模な飲食店でも開業資金として1,000万円くらいはかかると言われています。

順調に1,000万円を用意できたとして、この資金をどう使うかは簡単に考えられます。

 

使う先や目的がはっきりしているので困ることはまずないでしょう。
問題はこの1,000万円をどうやって、いつ頃までに回収するのかという点です。
一般的に開業資金は5年以内を目処に回収しなければいけないと言われます。

 

これは銀行からお金を借りている場合などに、5年以内での返済となっていることも影響しています。
1,000万円を5年で返済するとなれば、単純計算で1年に200万円を確保しなければいけません。

 

その他にも運転資金が必要で、さらに利益が出ないと自分の収入がなくなります。
毎日多くのお客に来てもらわないとこれだけのお金を稼ぐのは難しく、あっという間に閉店につながります。

 

投資したお金をどうやって回収するのか、その計画を綿密に立てずに失敗するというケースは非常に多く見られます。

 

集客が大事になってくる

いざお店を開いたら、どうやって集客するかがポイントになってきます。
webサイトを立ち上げたり、広告を出したりと方法はさまざまですが、あらゆる方法で人を集めないといけません。

 

特に開業したばかりのお店はまず利用してもらい、リピーターになってもらう必要があります。

 

どうやってお店の魅力を伝えるかが重要なのです。

ここでよくある失敗が、知り合いが来てくれるからなんとかなるだろうという考え方です。
たしかに開業当初は知り合いも来てくれるかもしれません。

ですがその後もずっと、常連として来てくれるとは限らないのです。

 

いくら知り合いとは言え、料金は支払うのですから魅力的なお店でなければ少しずつ足が遠のいていき、やがて知り合いすら誰もこない店になってしまいます。
飲食店を経営するなら、知り合いには頼らずに多くのお客を集めることを意識することが大切です。

 

そのためにもまずはお店を知ってもらう努力をし、さらにリピーターとなってもらうためのサービスが求められます。
初めて利用した人がリピーターになる確率は5割を切ると言われています。

 

つまり半分以上の人は1度利用したらもう来ないのです。
流行り廃りも激しい飲食業界で、常連を確保するというのは非常に難しいことです。

 

他のお店にはないウリを作り、魅力的なサービスで長い間たくさんの人の心を掴むことが飲食店を成功させるコツです。

 

飲食店の現状

飲食店は小規模なら開業するのも比較的簡単で、脱サラして始めるという方も多くいます。

ですが成功するのはごく一部の店だけで、多くの店は数年もすれば閉店してしまうのが現状です。

 

原因としてはニーズを掴みきれていないことや、投資を回収する大変さを理解できていないことなどが挙げられます。
簡単に始められますが、長く続けるのは難しいのが飲食店です。

 

今何が求められているのかを考え、どうすれば多くの人に気に入ってもらえるかを第一に考えないと飲食店を始めても失敗に終わってしまうでしょう。


トップへ戻る