飲食店の開業資金調達の方法と注意点

飲食店の資金調達

飲食店を開業しようと考えた時、まず問題になるのが資金調達をどうするのかという点ではないでしょうか?

 

お店となる建物を手に入れる資金をはじめ、内装にかける資金や当面の運転資金など、必要になる資金はさまざまです。

ある程度まとまったお金がないといけないのですが、全額を自分で用意できるというケースは多くありません。

大抵の飲食店がなんらかの方法で資金調達するわけですが、具体的な方法について見ていきましょう。

 

家族や親戚からお金を借りるという方法

資金調達の方法としてもっともよくあるのが、家族や親戚からお金を借りるという方法です。

 

多くの方がまず最初に親族を頼るわけです。

 

親族から資金調達をする場合、メリットとしてはいくつかのことが考えられますが、たとえば借りられる金額に決まりがないということでしょう。

 

銀行など金融機関から借りる場合、自分の収入などから借りられる上限金額が決められ、必要な額をすべて借りられるとは限りません。

 

もちろん親族からでも無制限に借りられるわけではありませんが、少なくとも自分の収入や資産に応じてあらかじめ上限金額が決まっているわけでもありません。
調達する額が柔軟に決められるのはとても助かることです。

 

また、返済方法や返済の時期についても親族と話し合うことで無理のない計画を立てることが可能です。

出世払いで良いと言ってもらえるケースもあり、これならば事業が軌道に乗ってから返済を始めるなんてこともできます。

 

ただし、親族だからこそ気をつけないといけないこともあります。

トラブルとして多いのは、融資を受けた時に契約書などを交わしておらず、後で返済などで揉めるケースです。

 

身内とは言えお金の貸し借りをするのですから、いくら借りてどうやって返すのかはしっかり紙に書き、トラブルが起きないようにしましょう。

 

身内ではなく知人から借りるという方法

身内ではなく知人から借りるという方法もあります。

人脈を活かして資金調達する形ですが、親族からの資金調達よりはハードルが高いかもしれません。

 

まずはお金を貸してくれるだけの関係を築いていないといけませんし、開業資金を貸すというのは相手にとってもリスクがあります。
もしも潰れてしまえばお金も返ってこないかもしれないので、簡単には大金を貸すことはできません。

 

頼れる知人がいるかどうかにかかっていますが、資金調達の方法としては一般的で、多くの飲食店がこの方法で開業資金を調達しています。

 

親族から借りる場合と同じく、お金を借りる際には返済の方法や時期などについて、お互いに納得できるまでしっかり話し合っておくことも大切です。

親しい仲だからといって安心していると、後でトラブルになってしまう可能性があります。

 

 

銀行から融資を受ける方法

身内や知人を頼れない、もしくはそれだけではまだ資金が足りないという場合は、銀行から融資を受けるのも一般的な方法です。

 

銀行ではさまざまな融資制度がありますが、起業に関する融資としては保証協会付の融資制度が挙げられます。

中小企業が銀行からお金を借りる場合、信用保証協会の保証を求められることがあるのですが、この制度は文字通り保証協会の保証が付いています。

 

つまり保証人がいるような状態で、万が一返済ができなくなった場合でも、保証協会が銀行に対して立て替え払いをしてくれます。
銀行側からすればリスクが最小限で、融資を受けやすいというのが特徴でしょう。

 

保証してもらう代わりとして、保証協会に信用保証料を支払う必要がありますが、銀行から融資を受ける方法としては便利です。

 

やはり銀行は資金調達先としては有力な候補になります。
飲食店に限らず、開業しようとしたりなにかの目的でまとまったお金が必要なら、銀行を頼るケースは多くなるでしょう。
地元の信用金庫などをはじめ、各銀行で資金調達が可能かどうかを確認しておきましょう。

 

国の助成金制度や、補助金制度を活用する方法

この他にも、国の助成金制度や、補助金制度を活用する方法も考えられます。
たとえば創業補助金制度というのがあり、これは国の経済を活発化させることを目的として、新規開業する人に対して助成金が出ます。

 

助成金なので開業資金のすべてをまかなうのは難しいですが、他の方法である程度の資金を調達し、不足分を補ったりするのに向いています。

 

ただ、大きな問題としてこの制度は開業してから1年ほど経たないと利用できません。

開業資金というよりは、運転資金を調達する方法と言えるでしょうか。

 

開業前にお金を借りて開業資金として使うことができませんので、特殊な方法となります。

あくまでも他の方法に加えて選択する、補助的な方法だと考えておきましょう。

 

資金調達の方法は複数あり、どれか1つを選ぶ、もしくは複数の方法を組み合わせて必要な金額を集めることになります。

 

たとえば親族から借り、残りは銀行の融資を受けるなど、どうすれば必要な額を用意できるかを考えましょう。
飲食店を開業するには大金が必要になります。

 

まずはいくら必要になるのかを計算し、その後にどうやって資金調達するかを考えましょう。
資金調達の方法を抑えておけば、さまざまな方法で資金集めが可能になります。


トップへ戻る