なぜ飲食店に節税が必要なのでしょうか?

飲食店に節税が必要な理由

タイトルにもあるように、このサイトでは飲食店の節税に特化して情報を公開しています。

 

そもそもなぜ飲食店経営においても節税が必要なのでしょうか?
節税は大きくもうかった企業だけがすれば良い?

 

いいえ、そんな事はありません。

 

何も知らないで税務の確定申告や会計処理をしていると、ほとんどの場合には納税が過多となっている場合が多いという事実があります。

 

本当は資金を設備投資や新たな人材の登用・教育と言ったものも経費として使えますし、「税額控除」というように税金が直接引かれる制度だってあるのです。

 

逆に勘違いで経費にしている人が多いのですが、経費にしてはいけないようなものも世の中には多くあります。

 

しかし、ほとんどの飲食店経営者はそういった情報を知りません。

 

なぜならば、節税のような情報は、学校で習うようなものではないですし、税務署でも教えてくれるものでもないからです。

 

とはいえ税理士と契約するほどでもないと考えている飲食店経営者も多いです。
当サイト管理人も税理士として現場で見ていますと、税金の払い過ぎにより資金繰りに苦労するパターンを何度も目にしてきました。

 

飲食店の経営者さんたちは日夜、真夜中や明け方まで自身のお店の売上アップに頭を悩ませている方も多いのは自分のクライアントを見ていてもよく分かります。

 

それだけに、本当は節税もしたいが、本業に集中していたがために情報を知らないという方も多いです。
ですが、私はそれはそれで良いと思っています。味やお店の空間こそ集中すべきところなのですから。

 

であれば、私の方こそできるだけ当サイトを立ち上げて税理士ならではとも言える飲食店の節税情報を公開する事にしました。

 

 

飲食店の経営者さんたちが「こういった情報・方法があるのか!?」と少しでも思っていただいたり、税理士を使う事の有益さなども理解していただければと思います。

 

どうかこのサイトの情報を存分に利用して、これからもあなたのお店に通うのを楽しみにしている方たちに楽しいひと時を提供してあげて下さい。


飲食店経営の節税や資金繰りうまくいっていますか?

飲食店の節税で経営上昇

飲食店経営で一番重要な事は何でしょう?
それは資金が尽きないという事ではないでしょうか?

 

資金が尽きなければ事業を続けることができます。
その資金を用いて規模を拡大したり、内装をさらに充実する事も可能ですね。

 

そして、資金を残すうえで税金という問題は、事業を行うのに切っても切れない関係となります。
それなのに何も対策をせずに、単純に納税してしまっている経営者はとても多い!

 

あなたは節税するのは悪い事だというメンタルブロックがありませんか?

 

税金は一度納めてしまうと永久に返ってきません!

 

事業資金が足りなくなっても、税務署がお金を貸してくれる事も無論ありませんよね?
そういった資金繰り状況の頃には、銀行もなかなか融資してくれない事も多いのです。

 

昔ながらの税金を計算するだけの税理士や生半可に正義感が強い人はこう言ったりもします。
納税は国民の義務!納税を避ける節税など言語道断!!

 

もしそのような方が近くにいるのならば是非とも距離をおきましょう。
それがあなたの顧問税理士ならばすぐに変更してしまいましょう。
飲食店経営者が優秀な税理士を紹介してもらう方法

 

飲食店経営で節税対策を何も行わないで納税してしまうという行為は
税金を多めに払ってしまっているとも言えます。

 

このサイトではできる限り飲食店が実行可能な節税を中心に
飲食店経営及びそのオーナーにとってプラスになるような良質な情報だけを集めました!

 

飲食店は食べ物やお店の空間でお客様たちに幸せな時間を提供する素晴らしいビジネスだと考えています。
私も家族とともに多くの幸せな時間を過ごさせてもらいました。

 

だからこそ飲食店関係者の方に上手な経営をしていただくためにも情報発信して応援したいと思った限りです。
どうかこのサイトの情報があなたの飲食店経営にプラスになる事を願うばかりです。

 

飲食店の節税に強い税理士を紹介してもらう方法


まずは飲食店経営にまつわる税金を覚えるべし!

まずは飲食店経営にかかる税金を覚える

あなたは飲食店経営にまつわる税金をすべて把握できていますか?

 

すでに何十年も経営をしていても税金に関してはまったくと言ってよいほど無頓着の方もいらっしゃいます。

 

しかし、税金ほど何も知らない人が損をするものはありません。
これは今までの経験上間違いなく言えます。

 

なぜそこまで税金を減らす施策などが広まらないかと言えば、
税金を減らす方法を国が広めてしまったら単純に国の財源が苦しくなるからですね。

 

まずはここのページであなたの飲食店経営に関する税金をよく把握しましょう。

 

確定申告に関係する税金は国と地方の2種類に大きく分かれる

確定申告に関係する税金は国税と地方税がある
すでに年に確定申告して毎年税金を払っている方は自分が何の税金をどこに支払っているかご存知でしょうか?

 

税金は大きく分けて国に納める国税と地方に納める地方税とに分かれます。
この仕組み自体をご存知だったでしょうか?

 

具体的に確定申告で関係する法人と個人の税金を見てみましょう。

【個人の場合】
国税…所得税・消費税
地方税…個人住民税・個人事業税

 

【法人の場合】
国税…法人税・消費税・地方法人税
地方税…法人住民税・法人事業税・地方法人特別税

このように確定申告するのが個人か法人かで支払う税金の種類が異なります。
それぞれの税金の税率もモチロン異なります。

 

特に法人の場合だと地方税は県と市の両方に納税しています。(東京23区は特別区として一律)

 

法人の場合には申告は税理士任せという方も多いでしょうが、この事実はよく覚えておいて下さいね。

 

確定申告しなくても関係する税金

確定申告しなくてもかかる税金がある
先ほどの税金は確定申告により自分の売り上げ状況や所得(もうけ)によって変わってくる税金たちでした。

 

それ以外にも実は税金を支払っているものが実はあるのです。
特に飲食店経営においては深く関わってくるものも多いでしょう。

 

列挙してみましょう。

 

  • 固定資産税(償却資産税)
  • 登録免許税
  • 印紙税
  • 酒税
  • たばこ税
  • ゴルフ場利用税
  • 自動車重量税
  • 自動車税
  • 軽油引取税
  • 関税

いかがですか?言われてみれば無意識に払っている。というものも意外に多いのでは?
ここに挙げた税金自体を節税することは難しいかもしれませんね。

 

しかし、どんなところで税金が発生しているのかを知っているだけでも違うでしょう。

 

仕組みを知って意識して減らす事はできるかもしれませんね。

 

飲食店経営にまつわる税金まとめ

飲食店経営においてもうけによる税金や消費税だけを心配するだけでないのはお分かりいただけましたでしょうか?

 

食材を海外に頼ったり、海外向けに販売すれば世界情勢による関税の変化も関係してきます。
仕入れのために輸送の自動車を使用すれば車検の度に重量税が、毎年は自動車税がかkりますね。

 

このように税金は色々なところで取られる事を考慮していないと運転資金はどんどん税金で消えていきます。

 

ぜひともこのサイトの色々なページで多くの節税知識をインプットしてお使いいただければと思います。
そんなの面倒だという方は飲食店経営に強い税理士を味方につけるのも良いでしょう!
飲食店の節税に強い税理士を紹介してもらう方法


隣の飲食店が楽に経営しているのは上手に節税しているからかも?

飲食店経営がうまくいっているのは節税のおかげ?

実際に飲食店の経営者のお悩みをお聞きしていますと、こんな声をお聞きする事がありました。

周りの店舗の資金繰りが不思議でたまりません。
立地・お客の入りもほぼ同等で客単価も同様ほぼ同じ状況なのですが、
こちらだけがどんどん赤字が積み重なっていきます。

 

しかし、周りの店舗のオーナーには私たちのように苦労している感はなく、
悠々自適な生活を行って「今度は2号店を出すんだ♪」と言っている方もいます。

 

そのお店の売上などを計算しても、とてもやっていけるように思えない収支となるのです。
一体どこからそのような資金が捻出できているのか不思議でなりません…。

 

どうでしょうか?あなたもこんな気持ちになった事はありませんか?
飲食店ならではの節税テクニックを使うと、同じような売上規模でも残る資金がかなり異なることも多いのです。

 

隣のレストランはなぜ頻繁に営業車を買い替える?なぜ人をどんどん雇う事が可能なの?そんな疑問にお答えするような情報をこのサイトではお伝えしています。

 

当サイト以外でも本、特にマンガから節税を学んでみるのもおススメです!
小難しい飲食店の節税はマンガで手軽に理解する!


飲食店で節税すれば人件費にも資金を使えて従業員も経営者もwin-win

節税で人件費にも資金が割けてWINーWIN

飲食店経営者の悩みの一つとして人件費にあまり資金を割けないというものがありますね。
ですが、飲食店において人件費というのは食材と同じぐらい重要な要因ですね。

 

そしてそこに資金を割けずに安い金額で人を雇おうとすると、どうしても働き手は小さな個人店で働くぐらいならば…と、大手チェーン店の方を選んでしまう事が多いのです。

 

結果としていくら募集広告を出しても自分のお店には人が集まらないという悪循環に…。

 

経営の見直しをしてさらに節税策を行えば人件費にも資金を使う事ができる可能性だって増えるのです!
人を雇う事によって税額控除やお金がもらえる助成金の活用で逆にお金が増える方法だってあるんです!!

 

さらには従業員にも適用可能な節税策を実行すれば経営者も従業員も
お互いに喜ばしいのではないでしょうか?

 

飲食店を経営する方はお金のためだに働いているのではないという人も多いですよね。
従業員の満足度もアップさせることができればそれこそ嬉しいことではないでしょうか?


飲食店で節税するなら個人事業主?それとも法人にする?

飲食店で節税するなら個人事業主?それとも法人にする?

何気なく最初は個人事業主で飲食店を開業された方もいれば、初めから法人で会社を作って開業されたかたもいらっしゃるでしょう。

 

税理士でもある管理人の経験からしますと、法人だと登記の費用や資本金の工面という問題があるので、個人事業主から始める方が多いというイメージがあります。

 

しかし「節税」という観点からしますと、法人の方がかなり有利になります。法人と個人のそれぞれのメリットデメリットを整理してみましょう。

 

個人飲食店のメリット・デメリット

先に個人飲食店を開業する際のメリット・デメリットについてです。

メリット
  • 資本金を用意せずに開業できる
  • 登記の必要がないため開業に不要な税金がかからない
  • 確定申告も自分で行おうと思えば可能
デメリット
  • プライベートとビジネスが混在するので経費にしにくい
  • 節税の方法がかなり限定されている
  • 所得税と住民税を合わせると税率が最高55%にまで上がってしまう

法人飲食店のメリット・デメリット

続いて法人で飲食店を開業する事のメリット・デメリットです。

メリット
  • 経費の範囲が個人よりも広いため節税に向いている
  • 税率が所得800万円まで15%、800万円超でも23%台と個人よりも低い
  • 個人よりも社会的な信用がある
デメリット
  • 設立時に登記費用の税金や司法書士報酬などの費用がかかる
  • 社会保険に強制的に加入する必要がある
  • 赤字でも毎年少なくとも7万円(法人住民税均等割)の税金がかかる

個人から法人には税理士に頼めば容易にできます

あぁ、節税するなら個人で始めなきゃ良かった…。なんて思う必要はありませんからね!

 

個人から法人になるという「法人成り」という方法がありまして、税理士にとって法人成りはよくあるケースですから慣れたものです。

 

実際に一度法人成りの談も税理士にしてみると良いですよ。
無料で問い合わせできるのですから、あなたに合った優秀な税理士さんを探してみてくださいね!


飲食店の節税に強い税理士を探す・乗り換えてみるのも良し

飲食店節税に強い税理士を探す

順調な経営を望むのであれば優秀な参謀のような存在は本当に重要です。
古来から、戦場でも優秀な軍師がいたでしょう。

 

しかし、大企業ならともかく中小企業や個人事業主だとそういう存在がいない事も多いのは確か。
本当に経営について考えている存在が社長だけというのもありがちです。

 

であれば、そういった経営の右腕や参謀のような存在として優秀な税理士と契約するのも手です。

 

あなたは税理士はどれも同じと思っていますか?決してそういうワケではありません。

 

歯が痛いにのに内科の先生に頼みますか?骨折したのに胃腸科に行きますか?
こういった質問は簡単に分かるのに、税理士となると誰でも同じと思っている方が多いのは実に不思議です。

 

税務申告だけを代行するような税理士なら思い切って税理士を変更しましょう。
意外かもしれませんが、税理士からすると解約や途中から税理士を顧問する事もよくあるので慣れています。

 

あなたの顧問税理士はあなたの会社のために一生懸命動いてくれてますか?

 

少しでもこの質問に疑問が湧くならご自身の要望するような税理士を紹介してもらうサービスもあります。
下記のページではそういったサービスをうまく利用する方法をまとめました。
飲食店の節税に強い税理士を紹介してもらう方法


トップへ戻る